身近な食材でできる美容方法

目を閉じている女性

ニキビが多い人がやってる勘違いスキンケア

綺麗な女性

毎日きちんとスキンケアしているつもりでも、実はスキンケア方法が間違っているという、勘違いスキンケアなことがあります。

ニキビができやすいかどうかは、体質的なものも多少関係してきますが、きちんとしたスキンケア方法や生活習慣の乱れなどから、繰り返しニキビができるなどのニキビスパイラルに陥ってしまうことがあります。

●ニキビが多い人がやっている勘違いスキンケア

1・乳液やクリームは肌がベタつくから付けない
秋冬などの肌がカサつきがちになる季節には乳液を付けるけど、春夏にはお肌がベタつくしかえってニキビができる原因になりそうだから付けない、そう考えて付けないスキンケアはニキビが増える原因になることがあります。

化粧水はお肌に付けてそのままにしていると、お肌に吸収されるどころかお肌の上で蒸発する時に、肌の内側にある水分まで一緒に蒸発してしまい、ますます皮脂が分泌されニキビができやすくなります。

化粧水を付けた後は、乳液でフタをして化粧水の蒸発を防ぐ必要があります。もしお肌がベタつくような場合には、ティッシュを顔にかぶせて余分な乳液やクリームを取り去りましょう。

2・洗顔のしすぎはかえって逆効果
ニキビの原因は皮脂のせいと思い込んでしまい何度も洗顔していると、お肌の潤いを保つための皮脂まで流してしまいます。

乾燥肌の方は朝か夜だけ洗顔をするようにしたり、朝は軽くぬるま湯で洗い流す程度にして、夜は泡立てた洗顔料で肌を優しく洗い、肌を刺激しないようにしましょう。


Information

Post list

TOP